サポーターの力を借りつつ|満足度の高い不動産を見つけたいなら色々と情報を集める
マンションの模型

満足度の高い不動産を見つけたいなら色々と情報を集める

サポーターの力を借りつつ

家の模型

高額の住宅ローン

住宅は人生で最も高い買い物と言われていますが、東京の住宅は特に価格が高めとなっています。そのため東京では、多くの人が住宅の購入に住宅ローンを利用しています。ただし住宅ローンを利用して購入した住宅は、返済が終わるまでは自分の物にはなりません。そこで暮らすことはできますが、債権者が抵当権を持っているため、返済が滞れば債権者の手に渡ることになるのです。住宅の価格の高い東京では、住宅ローンも高額となりがちなため、返済に困る人は多くいます。そして昨今では、そのような人から任意売却のサポーターが注目されるようになっています。サポーターの助けを得て任意売却をすれば、住宅ローンを比較的スムーズに返済できるようになる上、その住宅での生活を続けることも可能となるからです。

債権者の手に渡る前に

任意売却とは、簡単に言えば自分の意思で住宅を売却することです。債権者の手に渡った場合、その住宅は二束三文とも言える価格で売却されることもあります。自分の希望を反映させることは基本的にできませんし、もちろん売却と同時にそこから立ち退くことになります。また、二束三文での売却ですから、多額の債務が残る可能性も高いのです。ところが任意売却なら、高く買ってくれる人を見つけてから売却することができます。その分債務が残りにくく、なおかつ買ってくれた人に間借りを依頼すれば、立ち退きを回避できるようになります。ただし任意売却は、住宅が債権者の手に渡る前に済ませなければなりません。だからこそ東京では多くの人が、サポーターに助けを求めているのです。